金融に関わる法律

金融に関わる法律とは

消費者金融に関わりのある法律

消費者金融に関わりのある法律は、出資法と貸金業法の2つです。出資法は、手数料や金利を定めたもので利息上限などが決められていて高金利での貸し付けをして破産者が続出したために近年改正されて20%になりました。貸金業法は、貸金業の登録と運営方と規制を定めた法律です。執拗な取立ての禁止や貸金業者の自主規制強化などがあります。総量規制によって年収の三分の一を超えて貸し付けてはいけないなどが決められ、破産が続出しないように定められています。法改正による過払い金請求によって払いすぎた利息分の返還を求めることができるようになりましたが、時効は10年と定められています。

金融に関わりのある法律は?

金融に関わりのある法律はといえば、それは出資法と貸金業法ですが、利用者にとっても重要な事項である金利や借入金額などの内容が含まれていますので、消費者金融などを利用する予定の有る方などは、最低限の知識を身につけておくべきかもしれません。出資法では、出資金の受け入れや手数料、金利についてなどを定めており、貸金業法では、貸金業者の登録や適正な運営方法、規制についてなどを定めています。消費者系の貸金業者と関わることがなければ、特に知識を持っていなければならないことはありませんが、法律がどのようになっているか知っておくことも大切かもしれません。

↑PAGE TOP