法律の金融への影響

法律による金融への影響

法律による消費者金融への影響は

法律では様々な事が定められていますが、法律による影響で消費者金融の提供するお金の借り入れサービスも少しずつ安心して利用出来る物になってきています。代表的に挙げられる例としては金利の限度額が挙げられます。金利には限度額が決められており、限度額以上の手数料を受け取る事は禁止されています。しかし、悪質な業者が限度額以上の手数料を受け取っている場合があります。この決まりが無ければ手数料が高額になっていきますが、決まりがあるおかげで余計に支払った分も弁護士等に依頼をしてちゃんと請求出来るようになっています

法律の金融への影響は?

法律が改正されると、金融業界に影響することがあります。例えば、出資法が改正されたことで、どこの貸金業者でも20%を超える金利が設定できなくなりました。また、過払い金請求の裁判の結果によって、貸金業者は利息制限法を守るようになりました。消費者金融では貸金業法という法律が適用されるので、これが改正されると大きな影響があります。「年収の3分の1を超える貸付ができない」という総量規制ができたことで、無理な貸付ができなくなったり、専業主婦の人が借りられなくなったりしました。銀行では銀行法が、信用金庫では信用金庫法が適用されます。

↑PAGE TOP